ゴルフドライバー飛距離修正

ゴルフドライバー飛距離修正

ドライバーで飛距離が出なくて悩んでいる方 ボールが上がらないお悩みの方これさえ理解すれば確実に悩みが解消します。悩みが他の悩みに変わるということは確実に上達できるということです。

 

ドライバーで飛距離やボールが上がりにくいと悩んでいる方は沢山おられます。

 

まず飛距離やボールが上がらない原因を知ることが大事になります。

 

自分の原因を探すことでゴルフの楽しみが増え、上達へとつながるでしょう。

 

ここでお話することは、直し方や直す方法の対策を紹介いたします。

 

ドライバーショットでの飛距離とボールの高さですが、高さが低すぎると地面に到着する時間が早くなり失速しボールは飛びません。ある程度の高さが必要になります。飛距離を伸ばす為には @ヘッドスピード Aスピン量 B打ち出し角度となります。 

 

ヘッドスピードだけで飛距離が伸びるとおもっていませんか?

 

ヘッドスピードがある方でも、スピン量や打ち出し角度が適正でない場合全くボールは飛びません。毎回同じように平均飛距離を必要とするゴルフでは
必ず安定性が求められます。トッププロでもラフからのショットはフライヤー等が発生しやすいので、絶対にフェアフェイキープ率が高くなければなりません。

 

自分のスピン量はおわかりですか? 自分の打ち出し角度はご存知ですか?

 

自分の適正なライ角等絶対に知らないと毎回芯をとらえるのは無理です。

 

ドライバーはどのように購入されましたか?

 

一番多いのが量販店でこれが一番新しく飛ぶ!!という言葉に惑わされていませんか? もちろんヘッドスピードを上げると飛びます。破壊力で飛ばすことが出
きます。月1回ゴルファーならそれでも十分です。趣味なら月最低4回は練習場に足を運びませんか? クラブが合わないから変えましたという言葉をよく聞きます。自分に合っているクラブだったら手放せますか?

 

まずはそこを理解していただき、ショップで計測しましょう。各メーカーのクラフトマンがいるお店がお勧めです。

 

自分のスピン量が4000回転だったらスピンを減らしましょう。

 

打ち出し角度が10度なら球が上がる角度のヘッドにしましょう。平均は16度  なぜ飛距離が伸びないか?なぜ球があがらないか?スライス治す方法はないか?曲げないための防止はないか?

 

スイングを直すには時間がかかります。 球が上がらない理由は沢山あります。飛距離が出ない理由もたくさんあります。今できることを試すのが一番良い考えだと私は思います。

 

たまにこんなことありませんか? 友達のクラブなら自分のより飛ぶな〜とか試打したクラブが打ちやすかったなど。

 

軌道が毎日バラバラな方は手打ちになりやすいのがゴルフです。

 

最低スピン量と打ち出し角度はしっかりおぼえましょう。どのようにショットをすれば右に出なくなるとか左に行くなどはその後です。

 

現在ではスピン量を減らすためにクラブの開発が進んでいます。

 

自分にあったクラブを選択しそれから飛距離を求めましょう。

 

自分に合うクラブ選びができれば後は打ってみましょう。

 

自分の最大飛距離を出すには捻転が必要です。捻転とは体をねじる動きになります。一度体を雑巾絞りしてみて下さい。左の肩はどのくらいまでねじれましたか?両足をそろえてねじった場合普通の柔らかさの方でアゴの下に来ます。

 

少し硬い方ならアゴの下まで左肩を回すことは不可能でしょう。

 

捻転とは体を回す動きの事。 実際には肩幅くらいに足を開き両膝を固定し上半身をねじる。 どうでしょう?左肩はどこまでまわりますか?
左肩が180度回る方はいません。(例外除く) 

 

あごの下まで左肩を回すことで捻転ができます。ねじる動きはとてもしんどいです。そのしんどい動きが飛距離に変わります。体を回して打つだけではボールはとびません。両足を土台にし、インパクトの時左足を壁にしてフィニッシュまで振り切れば最大飛距離が出るはずです。よく力を抜いて下さいといわれませんか?

 

力を抜いてどうやってうつの?と思いませんか?

 

ゴルフには言い方が沢山あります。

 

力を抜いてボールの進行方向にシャフトより先にクラブヘッドを送り出すという意味が、さあ力をぬいての意味です。わからないのが正解です。

 

力を抜いて打ってみるとどうでしょう?ヘッドがいつもより重く感じませんか?

 

それが力を抜いて打てという意味です。 ですから毎回力をぬいて打ちましょうボールがロフト角度を変えても上がりにくい方はアッパースイングで打てていません。わざとボールを上げに行く行為をすることで余計にボールは上がりません。

 

ドライバーショットをする際にダウンブロー気味にクラブヘッドが下りてきます。少し右足のほうにボールがあるか、直接ボールに当てに行く事が原因でしょう。一度素振りをしてから打ってみましょう。

 

ボールがあると打ちに行く人がボールが上がりにくいです。是非チャレンジしてみて下さい。

 

http://rizapgolfer-osaru.com/

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読